図書館

PROFILE

図書館
図書館
横浜商科大学の図書館です。
図書館サイト

LINK

※5/31現在、定員にまだ余裕がありますので、是非お申込みください。

本学が毎年行っている公開講座について、詳細が決まりました。
今年度よりお申し込み・お問い合わせを本学図書館が担当いたします。

koukai2013.jpg

チラシは以下からもダウンロードしていただけます。

http://library.shodai.ac.jp/file/koukai2013.pdf

【概要】

平成25年度横浜商科大学公開講座(通算第30回) 日本の「いま」を見つめる ―制度・組織の視点から―

■平成25年6月15日(土)~7月27日(土)

■毎週土曜日 全7回

■午前10時~12時

■会場:横浜商科大学つるみキャンパス122教室(122教室は最新の教育設備を備えたアクティブ・ラーニング教室です)

■受講料:全回申し込み5,000円

1回のみ申し込み 1,000円/1回

本学学生は受講料無料

■各回先着35名まで

■申し込み方法

以下のURLから申し込み用紙をダウンロードし、住所・氏名・年齢・性別・電話番号・受講希望日を記載し、FAXまたは封筒に入れて郵送してください。
http://library.shodai.ac.jp/file/koukai2013.pdf

メールでのお申し込みも可能です。件名を「公開講座申し込み」とし、必要事項を記入してlibrary@shodai.ac.jp(@マークを半角にしてください)までお送りください。

■受講料・申し込み締め切り

全回申し込み:5,000円 申込締切・・・平成25年6月10日 事前にお申し込みいただき、受講料は初回に受付でお支払ください。

各1回申し込み:1,000円 申込締切・・・各回の2日前まで 事前にお申し込みいただき、受講料は当日受付でお支払ください。

■本学学生の受講

本学学生の皆さんは「事前登録」により受講料が無料になります。library@shodai.ac.jp(@マークを半角にしてください)に受講日・学籍番号・氏名を明記してお申し込みください。

■講座のご紹介

近年,日本を取り巻く状況は,一層厳しさを増している。その厳しさは,2000年代以降,急速な高齢化社会の問題,教育の質の問題,大学生の就活問題,経済のグローバル化問題,リーマンショックに起因する貧富の格差問題,日本企業の競争力の低下の問題,東日本大震災による復興問題あるいは国家財政の逼迫問題など,枚挙にいとまがない。このような問題が生ずる原因の一つとして,戦後の高度経済成長による日本の飛躍を形作ってきた「制度」の疲弊やそれに起因する「組織」の硬直化が考えられる。このような日本を取り巻く厳しい状況を打破し,持続可能な発展を可能にするために,現在,日本政府は,「金融政策」,「財政政策」および「成長戦略」という三本の矢といわれる政策を公表し,それが実行に移されつつある。このうち,「金融政策」や「財政政策」は,「制度」の改革という視点からとらえられるのに対して,「成長戦略」は,「制度」の遵守およびそれを活用する「組織」から生み出される「イノベーション」という視点からとらえられる。また,見方を変えれば,「制度」や「組織」は,「システム」として,「人」がその運用に深く関わるものとしてとらえることができよう日本が目指すべき変革は,その変化の前提となっている「制度」と「組織」,そしてそれを運用する「人」が関わる「システム」の過去と現在の姿を改めて考える機会をもたらすことになる。また,日本が目指すべき変革の帰結は,将来の日本国民の一人一人の生活に直接的な影響を与えるものであることから,それを受講者にわかりやすく解説し,日本の「いま」を見つめるきっかけとなることが期待されるそこで,本公開講座においては,将来へと向かう日本の持続可能性を展望するために,その前提となっている日本の「制度」と「組織」の現状を見つめ直し,現在,どこに問題があり,それが将来にわたって,どのように変化するであろうかについて,幅広い視点から検討を行う。また,そこで,議論される問題を受講者全員で共有することをその目的としている

担当:柳田義継・吉田武史

■各回のご案内(時間は各回ともに10時~12時です)

第1回 6月15日 柳田清治(本学教授)「地方公共団体における監査制度の改革」

第2回 6月22日 吉田武史(本学准教授)「原発事故後におけるCSRとその情報開示の課題」

第3回 6月29日 坪川弘(本学教授)「原発事故における被害者救済と損害賠償―東日本大震災への政策対応の問題点―」

第4回 7月6日 立川丈夫(本学名誉教授)「クラウド時代の組織運営」

第5回 7月13日 近藤忠憲(税理士) 「わが国の税制について―これからのあるべき税制をふまえて―」

第6回 7月20日 佐藤浩之(本学講師)「公共資源の効率的な配分のための新たな制度設計―空港発着枠オークションを例に―」

第7回 7月27日 奈良堂史(本学講師)「日本スポーツの『いま』をみつめる」

■つるみキャンパス交通案内

こちらをご覧ください。

http://www.shodai.ac.jp/access/index.html

■お申し込み・お問い合わせ

〒230-8577 横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
横浜商科大学公開講座係(横浜商科大学図書館内)

TEL 045-583-9057
FAX 045-584-4870
メール library@shodai.ac.jp(@マークを半角にしてください)

5月の展示「群馬~沼田市を中心として~」に、展示品を追加しました!

沼田市のお祭りを取材した商大OTOME記者、中村先生、当日現地入りした職員に展示用の写真や観光パンフレットを提供していただきました。

早速展示に加えましたので、ぜひご覧ください。

otome4.jpg 

【追加展示のいきさつ】

今回の沼田の展示を5月はじめに行った際、沼田に関する所蔵資料が少なく、少しさみしい展示になってしまって困っていたところ、商大OTOME記者と中村先生、事務職員が沼田で行われるお祭りに行くということをお聞きしました。

そこで、展示用の資料をお願いしたところ、後日たくさんの資料を届けてくださいました(たくさんの資料や写真、ありがとうございました!)。

 

【追加展示資料:沼田市老神温泉の「大蛇祭り」取材を中心とした沼田市の観光資料】

横浜商科大学は群馬県沼田市と「観光振興における連携協定」を結びましたが、その同市老神温泉において5月10、11日に「大蛇祭り」が行われました。今年は巳年ということで、12年に1度しか現れない長さ108メートルの大蛇みこしが登場し、温泉街を練り歩きました。お祭りでは羽田ゼミの学生たちが大活躍!大蛇みこしもかつぎました。OTOME記者たちはその大蛇まつりを中心に取材し、周辺の他の観光地も訪れ、写真や観光パンフレットも収集してきたそうです。

 

商大OTOME記者と中村先生の写真レポートは、(ちょっと場所は離れているのですが)まとめて掲示しました。

otome2.jpg

otome3.jpg

 

紹介している写真の一部をこちらでもご紹介します。

otome5.jpg

大蛇の頭部分。大迫力ですね。

otome6.jpg

108メートルもある長ーい大蛇みこし。今回なんとギネスに認定されたそうです。

otome7.jpg

温泉街を練り歩く大蛇。

 

他にもたくさん写真を掲示しましたので、ぜひご覧ください。

※ちなみにOTOME記者は新しい記者を募集しているそうです!詳細は掲示ポスターをご覧くださいね。(沼田展示のところに一緒に掲示してあります)

 

~5月27日追記~

商大OTOME記者が手作りの「おいがみ温泉マップ」を提供してくださいました!追加展示しましたので、ぜひご覧くださいね。

IMG_0839.JPG

IMG_0837.JPG

5月の展示はテーマが二つあります。

まず、5号館の図書館入口横の展示は、「料理の本」です。

numata.jpg

図書館では、一人暮らしの学生さんの助けになれば、という考えから、料理の本をそろえています。

一人暮らしでも、そうでなくても、食事はとても大切。

ぜひお気に入りの本を見つけてくださいね。

IMG_0811-1.jpg

IMG_0813-1.jpg

IMG_0815-1.jpg

 

6号館ATM横の展示テーマは「群馬~沼田市を中心として~」。

numata2.jpg

今年2月、群馬県沼田市と横浜商科大学とが観光分野で包括的な連携協定を締結しました。これにちなんでの展示です。

IMG_0827-1.jpg 

沼田市は真田氏との関連が深いのだそうです。詳細は展示をご覧ください。

IMG_0825-1.jpg

沼田市関連図書を購入しました。貸出もできますので、スタッフに声をかけてくださいね。

 

沼田市の展示はこれから写真を提供していただいて増やしていく予定です。お楽しみに!

 

Page top