図書館

PROFILE

図書館
図書館
横浜商科大学の図書館です。
図書館サイト

LINK

図書館・夏の長期貸出

2014年07月23日 10:24

夏の長期貸出.jpg

7月23日(水)より、夏の長期貸出が始まりました。

今借りると、返却日が9月29日(月)になります。

まるまる2か月借りられますので、この機会に読みたかった本を借りてくださいね。

bookstitle.jpg

6号館1階において、「商大グレートブックス」ピックアップ展示を行っています。

20140711_153529.jpg

「商大グレートブックス」とは、理事長をはじめとする商大の教職員が、学生の皆さんにぜひ読んでもらいたい本を選んだものです。古典的な名著から、読みやすい小説まで、幅広いラインナップです。

今回はその中から4冊をピックアップして展示しました。

 

まずは、理事長のおすすめ本。

DSC_0081.JPG 「マンキューマクロ経済学 第3版 1 入門編」

マンキュー,N.グレゴリー著、足立英之、地主敏樹、中谷武、柳川隆訳/東京経済新報社/2011年

世界中の大学で使用され続けているマクロ経済学におけるスタンダードなロングセラーテキストです。「長期から短期へ」という自然な流れでマクロ経済学の体系を学習できます。

 

次は、学部長のおすすめ本。

DSC_0080.JPG

「隷属への道」

F・A・ハイエク著、西山千秋訳/春秋社/2008年

自由の重要性を認識させてくれる重要な一冊です。自由という価値に立脚している市場経済の本質を理解する上でもぜひ読んでいただきたいです。全体主義・社会主義を徹底的に批判し、自由と民主主義の不変の価値と進むべき道を示したハイエクの代表作で、14か国語に翻訳され、世界中で「自由のバイブル」として読まれた名著です。

 

次は、図書館長のおすすめ本。

DSC_0083.JPG

「音楽と社会」

バレンボイム、サイード著、アラ・グゼリミアン編、中野真紀子訳/みすず書房/2004年

熱い友情で結ばれたバレンボイム(指揮者・ピアニスト、ユダヤ人)と、サイード(パレスチナ人)の対談集です。つねに境界をまたいで移動し続けてきた二人が、音楽と文学と社会を語りつくした6回に及ぶ白熱の対談を収録しています。

 

図書館職員おすすめの一冊はこちら。

DSC_0082.JPG「百年のしごと」

塩沢槇著/東京書籍/2013年

時代の波にもまれ、不運に見舞われながらも、たくましく、しなやかに生き抜いてきた百年の老舗。世の中のニーズにやわらかく対応し、時代に必要とされるしごとを自らつくり続けてきた20社を取材。特に、その会社を支えてきた「中の人」から聞き出した、人々に求められるしごとを生むコツと、生き残りをかけたドラマに焦点をあてています。 

 

商大グレートブックスはまだまだありますので、随時展示替えをしていきます。

図書館閲覧室には特設コーナーを設けて、ブックリストも配布しています。

もちろん貸出可能ですので、ぜひどんどん借りて読んでくださいね。 

7月8日、10日、大学の近くにある横浜市立寺尾小学校2年生のみなさんが、大学の見学に来てくれました!

職員が大学内をツアー形式でご案内しました。

IMG_6943.JPG

IMG_6989.JPG

その中で図書館にも立ち寄ってくれました。

IMG_7037.JPG

写真 2014-07-08 10 18 37-2.jpg

いつもは静かな図書館が、このときは一気ににぎやかに。

「ハリー・ポッターの本はどこ?」→外国文学のコーナーにご案内。

「妖怪ウォッチの本はないの?」→かわりに動物の本をご案内。

「のりものの本は?」→新幹線の本をご案内。

小さなお客様たちの積極的な質問に、スタッフはてんてこまいでした(でもとても楽しかったのです)。

IMG_7049.JPG

 

最後はおみやげの特製しおりをお渡ししました。

DSC_0072.JPG 

大学、ちょっと面白いところだなあ、と思っていただけたらとてもうれしいです。

またぜひいらしてくださいね。

図書館閲覧室横にある展示コーナー・「7,8,9月」のテーマは、何とかこうにか、2本立てです!

展示その1は、読んでみよう!あの映画の原作を!ということで「原作を読む」です。

IMG_0016.JPG

原作その①「思い出のマーニー」

■図書あり(933.7/R.54/)■

7月より各館で上映■

はい、夏といえばジ○リの新作映画を楽しみにしている人多いのではないでしょうか?

今年は「思い出のマーニー」だそうです。

こちらは、イギリスの児童文学の作品を元に作成され、少女の成長を描かれています(←おおざっぱすぎな内容説明です)。

映画鑑賞前に原作を読んでみてはいかがでしょうか?

しかし同じイギリスの児童文学なら、「たのしい川べ - ヒキガエルの冒険」もぜひジブ○で映像化されてほしい(特にパンの神のあたりとか、、、)と願ってしまう今日この頃です。

原作その②「銀河鉄道の夜」

■図書あり(913.6/Mi.89/2)■

■映像資料あり(A778/G.46/)■

宮沢賢治作、有名な児童文学です。こちらは少年が主人公。

現実の物語ではないのはわかるのですが、一概にジョヴァンニの夢だとは済まされないような何とも不可思議な冒険譚。いろいろな人の生き方、死に方などが描かれ、単なる児童向け図書とは思えません。大人になって読み返してみても、訳がわからない箇所が多々あります。「星の王子様」のように、何度も読み返しても味わい深いです。。

原作その③「二人のロッテ」

■図書なし■

■映像資料あり(A778/G.46/)■

こちらも有名な児童文学です。

ある夏、オーストリアのケーニッヒ湖畔にある「こどもの家」に、育った環境も性格も真逆で、けど見た目はそっくりな二人の少女がやってきます。

ドッペルゲンガー?いえいえ、そうではありません。が!あまりにも他人しては似すぎている二人。

なぜこうまで二人は似ているのでしょうか?

うーん、小説だからこその展開であって、現実にはなかなかありえませんが、、最後は皆仲良くハッピーエンドなので安心できます。

原作の小説は残念ながら本学にはありません。。

続きましては。。。。

展示その2:商大図書館にある資料を「勝手にランキング」。

IMG_0014.JPG

ランキングその①「商大図書館にある出版年が古い本」です。

1730年代出版の「十體千字文絵抄」、「印判秘決集」などを展示しています。

実は以前にもこちらの本は展示したことがあります(http://www.shodai.ac.jp/blog/library/2013/01/1.html)。

ので、今回はこれらの本の詳しい説明は省きます。

ランキングその②「2013年度貸出が多かった本」です。

貸出回数が多かった・2位は、

サクッとうかる日商3級商業簿記 : 7days 改訂5版 テキスト」(336.91/F.84/

やはり商学部なので、会計関係の人気は高いです。簿記をやっぱり皆さん勉強しているのですね。

そして、貸出回数が多かった・第1位はこちら!!!!

ババーン(効果音の例えが古いのはこのブログを書いている人のせいです)

「新TOEICテスト470点攻略本 3訂版」(830.79/P.16/

堂々英語の資格の本が1位を獲得しました。やはりこれは、社会人になるまでに、英語の基礎はしっかり習得しようという皆さんの決意の現れなのでしょうか?皆さん、がんばって勉強に励んでください。

その他のランキングとしては、「商大図書館の所蔵する資料で(表紙が)大きいものランキング」や、ランキング番外編「変わった形の本」では、巻物、バック型の本などを展示しています。

以上で展示コーナーの説明は終わります。

長い長い夏休みまで最後のひと踏ん張りです。それでは皆さん、暑さに負けず学生生活をエンジョイしてください。

そして中高生の皆さん、商大図書館は夏休み期間(8/9-9/26 不定期に休みあり)、図書館を中高生の皆さんに開放しています。ぜひ図書館へいらしてくださいね。お待ちしています!

Page top