図書館

PROFILE

図書館
図書館
横浜商科大学の図書館です。
図書館サイト

LINK

春の長期貸出が本日から始まりました!

1~3年生の返却期限は4月6日(月)、新年度の講義開始日になります。

いつもよりずーーっと長く借りられますので、ぜひこの機会にたくさん借りてくださいね。

haru.jpg

※4年生の皆さんは、卒業になるため、返却期限日が異なります。返却日は貸出の際にお伝えします。

 

1月の展示は「大河ドラマ歴代主人公たち」です。

1963年から脈々と続いているNHKの大河ドラマを彩った主人公たちをとりあげます。

どの主人公たちも魅力的ですが、今回は何度も取り上げられている主人公を紹介します。

大展示横2015.1.jpg

今現在わかっている中(2016年大河「真田丸」まで)で、ドラマ化最多を獲得した人は、

「殿~!殿中でござる!!」の「大石内蔵助」でした。

「忠臣蔵」は年末になると必ず(?)どこかで放送されるほどの人気ですので納得です。

それでは、今更ながら「大石内蔵助」についてちょっと調べてみましょう。

ぱぱっと何かを知りたいときには百科事典が便利です。

それですので、またまた「JapanKnowledge」にて「大石内蔵助」を検索してみます。
ふーん。。。。

『大石内蔵助:1659-1703 赤穂浅野家の家老。(-略-)主君浅野長矩の(-略-)けんかの相手とみなす吉良義央を殺して両成敗の処分を事実上完成させる方針に転じた。(新版 日本架空伝承人名事典, JapanKnowledge(参照 2015-01-07))』

皆さんはご存知でしたか?

「大石内蔵助」というのは通称で、本名は「大石良雄」というのだそうです。

「内蔵助」というと何だかすごく昔の人な雰囲気がしますが、「良雄」となると身近な気がするのは私だけでしょうか?

「大石良雄」さんって名前の人が知り合いの知り合い辺りにいそうな感じですよね。。。

これだけ情報だけではちょっと物足りない、もっと「大石内蔵助」を知りたい!という人に、お勧めなのが

国史大辞典 吉川弘文館 (210.03/Ko.53/)

をご覧ください。この辞典を見れば、歴史上の人物について詳しく把握できます。

さっそく「大石内蔵助」で調べてみたいと思います。

・・・・・・・・・あれっ?載っていない!?

そうか、「大石内蔵助」は通称でしたよね、本名「大石良雄」で調べなくては!・・・・・・やっぱりね、載っていました。

「大石良雄」の読みは「おおいしよしお」でもいいのですが、正確には「よしたか」とのことです。また「内蔵助」というのは、代々の通り名であって、「大石良雄」だけを指すのではないらしい、です。

文武両道(軍楽、儒学、剣術)で、温厚篤実、深謀遠慮な人柄で、君子の風格を持っていた人だったらしいです。特に記述はありませんでしたが、もしこれで容姿もよかったのならば、まさに漫画の主人公のようです。

あと、意外や意外。「大石内蔵助」というと、何となく、50代半ば過ぎの貫録溢れたご家老!というイメージを持っていたのですが、実は亡くなったのは45才なんです。まあ、当時の平均寿命が50才程だとしたら、45歳も十分貫録溢れたいい年頃とされるのかもしれませんが・・・・

また、相手役の「吉良上野介(吉良義央)」について知りたい人は、もちろん、百科事典や先ほど紹介した「国史大辞典」で調べてみましょう。

また

吉良上野介を弁護する 岳真也著 文春新書(210.52/G.16/1)
政変「忠臣蔵」 吉良上野介はなぜ殺されたか? 円堂晃著  並木書房(210.52/E.59/)

などをご覧になると、ドラマではあまり伝わらない「吉良上野介」がわかります。

実はとても名君で、文雅の士であったとか。。

***************************
余談ですが、「内蔵助」の死後、残された家族はどうしたのだろうか?特に奥さんは大丈夫だったの?確か息子(主税良金)も父親と一緒に亡くなってしまったんだよね?と、ドラマを見た後よく気になっておりましたが、、
奥さん(陸)は、夫たちの亡き後、息子の大三郎と共に広島浅野家に迎えられたことがわかりました。
***************************

内蔵助と吉良以外にも、忠臣蔵に出てくる登場人物について色々調べてみると楽しいですね。

それではみなさん、寒い冬はまだ続きますが、健康に気を付けてお過ごしください。そして時々は図書館へいらしてください。お待ちしております。

大展示全体像2015.1.jpg

 

(6号館横の小展示「読んで心があたたかくなる本」もほそぼそながらやっております。よろしければご覧ください・・・・)

SpringerLink契約終了について

2015年01月08日 17:00

電子ジャーナルパッケージ「SpringerLink」は2014年12月末で契約を終了しました。

大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

Springer社の雑誌記事ご利用を希望される方は、他大学図書館所蔵資料の複写サービスをご利用ください

(図書館カウンターで受け付けます)。

大学センター試験、および本学入学試験日は、構内への立ち入りが制限されます。

このため、以下の日程は図書館は休館となりますので、ご了承ください。

1月17日(土)

2月2日(月)

2月24日(火)

3月9日(月)

3月16日(月)

Page top